アニメ映画

【映画】SF映画好きなら見逃してはダメ!この作品を観ればスタートレックがきっと好きになる

スタートレック初代主人公カークの若き日の物語から観はじめてみよう

スタートレック(宇宙大作戦)の物語は、1966年からテレビドラマシリーズが始まっているのですが、さすがに当時の映像も古く世界観に入りこみにくいので、今回は現代の技術で作成された映画シリーズをおすすめします。

SF映画には超有名で大人気の「スターウォーズ」がありますが、スターウォーズも映画シリーズにおいては、1~3作目で一回物語は完結。4~6作までが初代映画シリーズより過去のお話。7~9作までが未来のお話となっています。

スタートレックの映画シリーズも同様に、2009年からの第11作目以降から、初代主人公カークの過去の活躍を描いた作品を現在のSF映画の巨匠J・J・エイブラムス監督にて製作されました。「JJTrek」や「STXI」とも呼ばれている映画シリーズとなっています。

スタートレックの映画最新シリーズはまるでスターウォーズ

エイブラムス監督はスターウォーズ3シリーズ目の1作目と3作目の監督でもあり、最新のスタートレックの映画シリーズもスターウォーズに似た世界観で撮られています。

あらすじ

謎の巨大宇宙艦の攻撃により父を亡くした主人公カークは酒とケンカに溺れる荒れた日々を送っていたが父の知り合いに諭され宇宙艦隊アカデミーへの入学を決める。

(冒頭から当時最新のSF技術で制作された巨大宇宙観が大迫力です)

在学中のカークは、模擬演習で不正を行い聴聞会が開かれていたが、その最中に緊急救助要請が届きカークの同期生らは急遽バルカン星に向かう艦隊に召集される。

謹慎が言い渡されていたカークだが、不正によりエンタープライズ号に潜り込むことに成功する。

そこには聴聞会でカークを尋問した、後に唯一無二の友となるナメック星人みたいなバルカン人のスポックも副長として乗り込んでいた。

そして艦隊の目の前にカークの父を殉職させた巨大宇宙艦ナラーダ号が現れる。

その圧倒的な戦闘力によって艦隊は壊滅的な被害を受け船長はナラーダ号の船長であるロミュラン人のネロによって連れ去られる。

ネロは人工的に重力の特異点を発生させることができる「赤色物質」を持っていてこれによりある惑星を破壊しようとたくらんでいた・・・

スタートレックのSF設定はマニアにはたまらない世界観

「重力の特異点」とかいうワードが出てきた次点でわくわくしませんか?

え?そんなことない?

自分は特異点て聞いただけで大興奮ですよ。

特異点といえば、オーガスでミムジィ萌え萌えな感じなんですよ。

・・・ちょっと興奮しすぎた。

さて、スタートレックの新シリーズですが、過去のまったりした深いSF考察のある映画シリーズが好きな人には毛嫌いする方もいますが、最初にスタートレックの世界に入りこむにはわかりやすいストーリーと綺麗な映像、迫力ある戦闘シーンやアクションで大興奮間違いなしです。

そして、初代シリーズとの時間を超えたつながりもあり、この作品が面白ければ過去の映画作品もきっとみたくなる事でしょう。

個人的には映画第1作目をみて当時衝撃を受けました。

ぜひレンタルなどでご覧になってみてください。

 

映画新シリーズとドラマシリーズピカードがAmazon prime videoで観れる!

現在(2021/05/16)、Amazon primeに加入している方は、prime videoでスタートレックの映画新シリーズ3作品を観る事ができます。

ピカードも観たけど面白かったですよ。

ピカードがすっかりおじいちゃんになってました。
うちの父もピカードに似てきたかな・・・

テレビドラマシリーズ含めたら、スタートレックはものすごくたくさんの作品があるので、興味を持たれたら、映画シリーズをご覧いただくだけでも十分楽しむことができます。

テレビシリーズは基本まったりです。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画ランキング



-アニメ映画
-, , ,

© 2022 のりあんみんつのブログ Powered by AFFINGER5