おでかけ クルマ モータースポーツ

2021 F1グランプリ開幕前情報

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村

スポンサーリンク






開幕戦は3月28日 バーレーンGP

 

コロナの影響は心配だけど、今から楽しみで仕方がない。なぜなら・・・

将来のF1ワールドチャンピオン、角田祐樹が参戦するからだ!

     

(いろんなサイズの壁紙がアルファタウリ公式サイトでダウンロード可です。リアウイングの画像が一番かっこいいのになかった)

将来のF1ワールドチャンピオン、角田祐樹

昨年F2シリーズを、Daznでご覧になっていた方は御承知でしょうが、今までの日本人ドライバーの枠にはまらない、すばらしい速さを持っているんです。

佐藤琢磨も速かったんやけど、彼はどちらかといえばグロージャンタイプだったので、F1では安定した結果を残せませんでした。

角田は、タイヤマネージメントなど、クレバーな走りもできるし、勝負時は見逃さず、ガンガン攻める。時々失敗もするが、チーム、マシンのミスや不具合がなければ、昨年もダントツでチャンピオンだった。

日本人ドライバーでいうと、琢磨と可夢偉の良いところだけをとった感じなんです。

今年でホンダエンジンは最後です

そして今年は、ホンダエンジン最後の年。

今年も鈴鹿が中止なら、悔やんでも悔やみきれません。

レギュレーションでは、13インチホイールも最後となり、来年からは18インチ、F2みたいな感じになります。

開発予算制限、フロア形状変更によるダウンフォースの低減、タイヤコンパウンドの変更で、ラップタイムは落ちるかな。

といいながらも、どんどん速くなるF1マシン。

制限の中でも、あたらしい技術をだしてくるかもしれません。

ベッテルなんて、自分自身の空力上げてきたもんなー(ヘルメットかぶるけど)。

最下位争いは、ハースとウィリアムズで決定?

角田は、前半戦とにかく完走めざして、今やF1優勝経験者になってしまったガスリーを慌てさせる事。

各チーム、まずはチームメイト同士のガチバトルが楽しみです。

ホンダ最後の雄姿を鈴鹿で応援しよう

↓フリー走行で、鈴鹿をぐるっと一周してますので、観戦場所のご参考に。

ダウンフォースの凄さがわかるのは2コーナーからS字。スピードなら130Rかな。

スポンサーリンク










-おでかけ, クルマ, モータースポーツ
-

© 2022 のりあんみんつのブログ Powered by AFFINGER5